ロックアウト タグアウト
LOCKOUT TAGOUT

ロックアウトタグアウト

ロックアウトタグアウトとは

 ロックアウトタグアウトは、機械施設の操作、サービス、点検、メンテナンスを行う従業員を危険から守る手段として重要な手順です。
 「ロックアウト」とは、機械や装置の点検・メンテナンス時に、ブレーカー、スイッチ、バルブ等の動力源を遮断した上で、デバイスを装着し施錠、つまりロックすることを言います。
 「タグアウト」は、警告タグの一種で、ロックアウトデバイスでロックされた安全な箇所に取り付けられます。タグが取り除かれるまで、機械や装置は再稼働されません。
 「ロックアウト」と「タグアウト」は、動力源の遮断を証明し、明確化するために同時に使用されます。

 一般的な労働災害の原因は、「機械や設備の停止をしなかった」「電源を遮断しなかった」「待機電力の放置」「誤作動による再稼働」「再稼働前の安全確認ミス」というような、うっかりミスやコミュニケーション不足、いわゆるヒューマンエラーによるものが多いのですが、これらはロックアウトタグアウトで回避できます。

 労働災害を避けるために、点検・メンテナンス時には、電源、熱源、高低温水配管、ガス配管、油配管等々の動力源を必ず停止させることが必要です。

  • 「メンテナンス作業中」は、動力源が再稼働しないようにロックする。
  • 特定の管理者だけがロックを解除できるよう、鍵の管理体制を構築する。
  • 「ロック中」は、現場の誰もがわかるように、設備の停止あるいは作業中である旨が記載されたタグで通達する。
  •   

ページトップへ

なぜロックアウトタグアウトが必要か
 ロックアウトタグアウトは、点検・メンテナンス作業を行う従業員を労働災害から守る重要な手段です。
 そのため、アメリカ労働省の一機関、労働安全衛生庁OSHA(Occupational Safety and Health Administration)は、企業監査の重要項目のひとつに位置付けています。事実、アメリカ一般企業において、過去20年で最も指摘を受ける違反のひとつです。
 また、労働安全衛生マネジメントシステム国際規格ISO45001が、2018年3月に発行、そしてISO45001関連のJIS、JIS Q 45001JIS Q 45100JIS Q 17021-10JIS Q 17021-100が2018年9月28日に公示されました。ますます現場の安全管理は重要視され、企業価値基準のひとつにもなることでしょう。
 ロックアウトタグアウトの手順を策定し、実行することで、企業自体はもちろん、その組織で働く従業員にとっても以下のメリットがあります。
  • 労働災害から命を守る
    アメリカでは、不適切なロックアウトタグアウトにより、年間約25万件の労働災害が発生し、5万件の傷害、120件の死亡労災が発生。(OSHAデータから引用)日本では、年間10万件強の労働災害が発生しており、うち約1,000件が死亡事故です。
    主な原因のひとつに、機械などによる「はさまれ・巻き込まれ」があり、約1割を占めています。 「適切なロックアウトタグアウトの使用は、労働災害を25%から50%減らす」と、OSHAは試算しています。
  • コスト低減
    労働災害による労働力損失からの生産性や時間、保証に掛かるコストを低減します。
  • 生産性向上
    ロックアウトタグアウトの手順を適切に実行することで、機械設備のダウンタイムを最小限に抑えます。
  • ベストプラクティス
    アメリカ、EU、シンガポール、日本等の、主に先進国において、業界問わず幅広く適用されています。

ページトップへ

ロックアウトタグアウト 無償お試しサービス

 ロックアウトタグアウト製品を、2週間無料でお試しいただけます。(ただし、ご返却の際の送料はご負担。)
 製品が実際に現場に合うか、操作性はどうなのか、などなど実物でご確認いただけます。ぜひご活用ください。